人工弁.COM
心臓弁膜症患者さんをサポートする情報サイト www.jinkouben.com

HOME 心臓弁膜症とは? 手術のタイミング 人工心臓弁の役割 人工弁置換術 手術後の生活 患者さんの声 医師からのメッセージ よくあるご質問
心臓弁膜症とは?
心臓の中は筋肉の壁で左右に、弁と呼ばれる扉で上下に隔てられています。
それぞれを左心房、左心室、右心房、右心室と言います。

これらの部屋と部屋、あるいは部屋と血管の間に「弁」という構造があります。これらの弁は、血液が一定の方向に流れるための「扉」の役割をしているのです。
心臓の中に主な弁は4つあり、右心房と右心室の間には「三尖弁」、右心室と肺動脈の間には「肺動脈弁」、左心房と左心室の間には「僧帽弁」、左心室と大動脈の間には「大動脈弁」があります。
これらの弁が様々な原因によって十分に働かなくなった状態を「弁膜症」といいます。
弁膜症の主な原因には下記のようなものがあります。
リウマチ熱の後遺症
変性
動脈硬化
感染性心内膜炎
狭心症
心筋梗塞
先天性  etc.
弁膜症には「狭窄症」「閉鎖不全症」があります。弁の開きが悪くなって血液が心臓の部屋から出ていきにくくなった状態を「狭窄症」、弁の閉じ方が悪くなって一旦押し出した血液がまた元の心臓に戻ってしまう状態を「閉鎖不全症」と呼びます。

心臓弁疾患が進行すると心臓の血液送り出し機能が低下します。心臓はこの低下した分の機能を補おうとして、酸素をたくさん含んだ血液を各器官や組織へ必要なだけ送り出すべく懸命に働きます。こうしてオーバーワークとなった心臓は次第に持ちこたえられなくなり、息切れ、めまい、胸の痛み、疲れ、体液の貯留といった症状を引き起こします。そうした場合、身体検査、さらに詳しいテストの後で、医師が弁の取り替えをすすめることにもなります。
根本的な治療は手術であり、十分な検査を受けてその時期を逃さないことが大切です。

 
このサイトについてサイトマップ個人情報保護についてリンク集
Copyright (c) St. Jude Medical Japan Co., Ltd. All rights Reserved.